フィリピンの日本語センター訪問

11月26日フィリピンの日本語センター訪問!

フィリピンは英語ができるのが本当にメリットで

国際的に活躍できる人材の宝庫。

国民性は陽気で明るい!

とにかく明るい!

だけど、仕事のことで注意すると凹みやすくもある。

そんなフィリピン人結構好きです。笑

訪問した日本語センターでは

介護の技能実習生、留学生の希望者が

丁度半分半分くらい。

とても広い教室で日本人の先生が

現場のあらゆることを想定しながら教えていた。

例えば、

緊急事態が発生した場合どうするのか?

①「○○さん大丈夫ですか?」

②リーダー、主任、看護師、先輩を呼んできますので、

しばらくお待ちください。

③○○さんの調子が悪そうです。と状況を伝える

日本で一番大事なことは報告をすること。

介護の現場では看護師も少ないし、ドクターもいない。

ということを実際に2人一組のペアになって

シュミレーションを繰り返す。

というものだった。

他にもさまざまなパターンをやっていて

現場に入っても困らないだろうなと思った。

日本ではセミナー講師や介護会社の役員をやっている人を講師として招いていて

教える講師が優れていれば

教えてもらう人もコミュニケーション能力は高まりやすいと感じた。

これから留学に行く学生の面接なども見学ができ

真剣に日本語を学びたいフィリピン人と会うことができた。

東京国際令和学院でも

優秀な教員を育成して

コミュニケーションレベルの高いリーダーシップが取れるような

外国人材の架け橋となれるように頑張りたい。